血圧が高い時の対処法

血圧の正常値とは

血圧の目標になる数値は、各人の年代や病気の有無によっても変わってきます。それから、病院などで測るときと、家庭の血圧計で測るときでも数値は違ってくるのが普通です。

 

このあと、血圧の目標値を述べていきますが、糖尿病・慢性腎臓病・心筋梗塞の人は、下記に記す目標値よりも低い値を目標とすることになります。

 

最初に、若年から中年層の血圧の目標値は以下になります。
病院等の機関で測るときは130/85mmHg未満、家庭の血圧計で測るときは125/80mmHg未満が目標値です。

 

高齢になると少し血圧が上がってきますので、病院等の機関で測るときは140/90mmHg未満、家庭の血圧計で測るときは135/85mmHg未満が目標値です。

 

病院等の機関で血圧を測るときと、家庭で測るときで血圧が違うのはなぜか、きっと疑問に思われるでしょう。人は歩いたり走ったりすると心拍数が変化して、血圧も変わってきます。1,000歩で1から2の血圧の値が下がると言われています。

 

また、緊張したときは、心拍数が上がることはだれでも経験していることでしょう。家でリラックスしているときは血圧も低めの値を示すのです。
以上のように、心拍数は一定ではなく、心臓の動きというものも常に変動するものなのです。

 

心拍数は運動や精神状態によって変化するものです。心臓が強く動いて血液をたくさん送り出せば、血圧の値も当然変わってきます。

 

ですから、緊張した状態で病院等の機関で測るときは血圧は高めに、自宅でリラックスしているときは血圧が低く出るので目標値も変化するのです。

 

さらに、1日のうちでも身体と心の状態によって血圧は変化してきますから、毎日同じ条件で血圧を測ることが基本になってきます。例えば、朝測るときは、起きてトイレで用を足した後、数分間座って安静にしてから測ります。

 

夜の場合も、同じようにトイレで用を足した後、数分間座って安静にしてから血圧を測るようにします。

 

●食後は血圧が高めに出る
血圧は、1日のうちで身体や心の状態によって変化します。いつも一定ではないのです。

 

1日の血圧の変化の流れを説明すると、朝起きると段々と高くなっていって、日中が一番血圧が高くなり、段々下がっていって、夜になるに従って低くなります。

 

血圧の変動する要因はいろいろあって、ストレスや食事、運動などによって変化します。中でも、一番血圧の変化が大きいのが、食時の前と食時の後になります。

 

食事をする前は、血圧と心拍数は少しずつ上昇していきます。それは、交感神経が活発になるからで、食事を終えると、今度は交感神経のはたらきは低下していきます。そして、交感神経のはたらきが低くなると、身体の中を循環する血液量が少なくなって、血圧も低下するのです。

 

でも、こうした食後に血圧が低くなる現象も、急激に変化するようであれば注意しなければいけません。一般的には、さほど血圧の低下は起きずに多少眠くなる程度ですが、立ちくらみを起こしたり、身体がだるくなったりしたら危険信号です。

 

ご高齢の方の高血圧の方にはよくあることですが、食後の低血圧と呼ばれていて、この食後の低血圧が身体に負担をかけて、脳卒中や心臓病になる危険性があります。

 

これらのことを防止するには、食事をした後に飲む飲み物に大切な役割があるのです。食後にコーヒーやお茶を飲む方は多いでしょうが、中に入っているカフェインは血圧をアップさせます。カフェインの含まれる飲み物を飲むと、血圧が下がりすぎるのを防止することができるのです。

 

ずっと以前から食後にお茶を飲む日本人の習慣が、血圧を安定化させていたことはあまり知られていませんが、その実、身体にきちんと役立っていたのですね。