血圧が高い時の対処法

血圧が高い原因と症状

高血圧になる原因はまだハッキリとは分かっていません。高血圧になった人の、わずか10%ほどが原因が特定できるくらいです。

 

原因が特定できる高血圧というのは、二次性高血圧と呼ばれます。大元の疾患があり、それによって高血圧が引き起こされたケースです。手術などによって大元の疾患が治れば、二次性の高血圧も完治することが多いです。

 

逆に、残りの90%は、原因不明の高血圧症です。現代の医学を持ってしても、どうして高血圧を引き起こすのか原因を特定することができないのです。このような、原因不明の高血圧症のことを、また二次性高血圧症ではない高血圧症のことを、本態性高血圧症と呼んでいます。

 

でも、本態性高血圧の原因は、全然分からないということではなくて、遺伝や生活習慣が関連しているだろうと言われています。

 

遺伝が関係していることの具体例として、実際に高血圧の親からの遺伝に関する情報をみていきます。
最初に、両親ともに高血圧症ではないケースでは、高血圧症になる子供の確率はたった5%となります。

 

次に、片方の親が高血圧症のケースでは、高血圧症になる子供の確率は30%となります。両親ともに高血圧症のケースでは、高血圧症になる子供の確率は60%です。高血圧症そのものが遺伝するというよりも、高血圧になりやすい体質の遺伝であると考えられています。

 

そして、高血圧になりやすい体質の人は、日常生活に配慮すれば、高血圧を防ぐことができると言われています。一度高血圧と診断されてから、病気を管理して治療していくことは大変ですが、予防するのであれば比較的簡単なことです。親が高血圧症である場合、とくに生活習慣に気を付けていれば、自分がかかるのを予防することが可能です。

 

 

●高血圧の症状とは

 

高血圧症には、はっきりとした自覚症状がないため、高血圧を早期に発見することはとても難しいです。

 

中には、高血圧と診断される前に、頭痛・めまい・動悸・息切れなどの症状が出る場合もありますが、自分で高血圧によって起きていると分かる人はなかなかいないでしょう。

 

頭痛やめまいなどの症状は、日常的に良く起こる症状ですから、高血圧から来ていると考えにくいのです。ストレスの強い環境で過ごしている人であれば、頭痛が日頃から起きていても、自分が高血圧だと結びつけるのは中々難しいものです。また、疲れているからめまいが起きるのだろうなどと漠然と考えがちです。

 

動悸・息切れも、年のせいだと考えてしまいがちですし、貧血といわれている人であれば、めまいや立ちくらみもよく起きることです。そんなことから、高血圧症には一般的に固有の自覚症状がないと言われるのです。

 

高血圧症を早期に発見する手段としては、定期的に血圧を測定することです。しかし、定期検診で高血圧症と診断されることはまれです。

 

なぜかというと、血圧を一度だけ測って高めの数値が出ても、高血圧とはならず、何度も測って高い数値が出てはじめて高血圧と診断されるからです。定期検診でたまたま高い値が出たのだろうと、あまり深刻に考える人が少ないというのも実際のところです。

 

高血圧症をそのままにしておくと、命に関わる病気を引き起こします。動脈硬化や虚血性心疾患、脳卒中を起こしてからでは大変です。高血圧に固有の自覚症状がないからと言って、放置しておいてはいけないのです。自分で定期的に血圧を測るくせを付けると良いでしょう。